ミドリカフェでは、自然環境や緑に関わる各種企画立案や調査、コーディネートなどのコンサルティング業務も行っています。

緑化を核としたコミュニティーづくりや里山・里海保全、山林資源の活用・循環、植物残渣の活用、農林産物の販路開拓、農家さんと提携したカフェづくりなどなど、緑の魅力を最大限に引き出した楽しいプランを提案しています。

里山づくりアドバイザー

丹波の森研究所を通じて、兵庫県丹波県民局より「里山づくりアドバイザー」としての業務を請けました。丹波地域のモデルに指定された団体の活動や今後の活動方針をコーディネートし、兵庫県が目指す「30年後の森づくり」を実現していくための長期計画を策定していきます。

八百材舎プロジェクト

兵庫県篠山市のNPO法人バイオマス丹波篠山との共同プロジェクト。山林資源の循環活用を目的に、木材の八百屋さんとして山林素材を販売したり、木材の新しい活用法の情報発信となるプラットフォームを整備。また、林業従事者を募ることも目的としたプロジェクトです。

丹波の森を未来につなぐフォーラム

兵庫丹波県民局(丹波の里山づくり促進事業実行委員会)からの委託業務で、NPO法人バイオマス丹波篠山と共同企画・運営を行いました。「30年後の森づくり」をテーマに、プログラム構成やPR動画の作成、会場演出などを手掛けました。

ながた緑プロジェクト

長田の街と獅子が池(六甲山系)を緑でつなぐプロジェクト。兵庫県と神戸市の合同庁舎前の仮囲いと、六間道商店街の中をモデルケースに、六甲山の素材(木材・植物)を活用したプランニングをコーディネートしました。

篠山材・広葉樹材活用に関するニーズ調査(兵庫県)

NPO法人バイオマス丹波篠山と兵庫県民局からの委託で、「木の駅プロジェクト活動実証調査」の一環で、篠山産の広葉樹材活用に関するニーズ調査業務を行いました。

岡本を緑でいっぱいにする会

この活動は、岡本の街を気持ちがよくて未来につなげていける緑いっぱいの街並みにしたい!!と考えた地元の有志数名が、住民・商店主・年代の隔たりを越えて、知り合いや友人に呼びかけて始まった活動です。ミドリカフェでは、2012年よりこの活動をサポートしています。

旅する大地

自然資源の活用を通して、森とまちをつなぐ取り組み。山林や農地などから発生・廃棄される副産物を良質な土壌改良材として再資源化します。これを公園や庭などの緑地に供給することで、環境的にも経済的にも実りある仕組みを創り上げる事業で、2013年にスタートしました。

六甲山森林整備戦略における、土づくり事業の事前調査業務(神戸市)

神戸市公園緑化協会からの委託で、六甲山材の活用方法のコンテンツとして「土作り」が実現できないかの、事前調査業務を行いました。

Please reload