July 1, 2018

「八百材舎」のベース整備、始まってます。
もちろん、有機成分たっぷりの培養土“篠山産・森育ち”も順調に生産中。


山林資源を余すことなく、無駄なく循環して活用していくプラットフォーム作り、ぜひみなさんのご協力をいただければと思います。

「八百材舎」のFBページもつくりましたので、ぜひ進捗状況をチェックしてみてくださいね。
https://www.facebook.com/yaozaiya

April 2, 2018

ミドリカフェも参画しているササノワ LLC.

山林資源の循環活用について提案していこうと、業種を超えた仲間たちと篠山市でおこした会社です。

造園やランドスケープの仕事に携わっていく上で、必要な資材(土、チップなど)の生産基盤となる山の保全に努めていくのも、ミドリカフェとしての大事なミッションです。

そのササノワの新しい事業として、NPO法人バイオマス丹波篠山が運営する「木の駅」プロジェクトの再活性化と、...

December 5, 2017

今回は少し変わったカード織りに挑戦します.

カード織とはユーラシア大陸の各地に広がる四隅に穴を開けたカードを使ったもじり織りで,古代から行われてきた紐織りです.

今回は,様々な篠山産材の端材をカードとして利用し,簡単な紐織り体験を行います.
また,今回は篠山市内でわたづくりからはた織り体験まで行なってきた地元鳳鳴高校の学生さんによる活動紹介も同時に行います.
ぜひ気軽にご参加ください!

【スケジュー...

October 31, 2017

(※写真はイメージです)


台風21号接近により中止となりました、10月の【森の学び舎 現地ワーク 第6回】を11月にスライドさせて開催いたします。

今回は栽培した綿畑を見学し、糸を紡ぐためのスピンドルを篠山産の間伐材でつくり綿を紡ぎます。そんな作業をしながら「篠山産材」をめぐる現状について共有もできればと思います。
ぜひ気軽にご参加ください!(栽培しました綿の収量が少ないと予想されるため、プログ...

September 9, 2017

今回は篠山の間伐材でを使って、人類史上最も古い織り機のひとつ、『開口板』をつくります。
「開口板」は一枚の板で機織りに必要な機能を兼ね備えています。

日本では8世紀頃に使われていたものが遺跡から発見されたり、最近までゴザを織るために同じようなものが使用されていました。
織り機と聞くと複雑で機械的なものをイメージされる方が多いのですが、究極は開口版一枚あれば布がつくれるのです。そんな先人の知恵を借りて...

Please reload

Recent Posts
Please reload

Catagories
Please reload

Tags

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload