高校の授業で、庭づくりワークショップ。

去年の11月頃から、篠山にある東雲高校の授業の一環で、リノベされた廃校(旧福住小学校)に前庭をつくるワークショップを行いました。 全部で、6、7回くらいしたかな? 現状を調査して、解析して、プランニングして、施工するまでの一通りの流れを、1回2時間という枠内で振り分けながらやりました。 もともと、ツツジやらヒイラギの整形された樹木が立ち並ぶ場所を、みんなで一生懸命抜根して、整地しての大作業。 みんな、ひたすらもくもくとやってくれました。 今回のプランは、ほぼ9割生徒さんがプランした内容を反映させました。 あえて自分の主張は入れ込まず、最後の微修正だけ手を加えた感じです。 和洋折衷のユニークな庭ができたのですが、なかなか自分にとっても学びの多い現場でした。 まずはプランニングの段階。 普段、一般の方々向けにやっている手法をそのまま使ってみたのですが、やっぱり圧倒的に「庭」という場に触れる機会が少ない年代でもあったのか、最初の方はなかなかエスキスが進みませんでしたね。もうちょっと、分かりやすく翻訳しながら指導すべきだったと、ちょっと反省しています。 ただアイデアの発想とか、自分にないものがポンポン出てくるのは、見てて楽しかったし、勉強にもなったかな。 あとは施工の段取りの難しさですね。 1回2時間しかないので、その工程配分が非常に難しかった!笑 通常だったら、2日3日で終わりそうな規模なのですが、結局全部終わるまで2ヶ月近く。 もちろん、その分納期と決済期も延びてしまうので、全体で見たらかなりマイナス。 まあ、それはそうとして楽しかったら良いんですけどね。 それと、より多くの庭づく

Recent Posts
Catagories
Tags

©2017 by midoricafe.